車

廃車買取はどんな車でも可能なのか?

廃車買取業者って知っていますか?一般的に車を乗り換えるときは、下取りに出される方が多いですが、古い車や事故車だと買取どころか逆に廃車料金を取られることがあります。そんな時、頼りになるのが廃車買取業者です。
廃車買取業者と中古車買取業者の違いは?
中古車買取業者は買い取った車を整備し、中古車として再度販売することが目的です。費用をかけて整備をしますので、それに見合った金額で売れる車でないと買取をしてくれません。一方、廃車買取業者は、買い取った車をそのまま再度販売することが目的ではありません。その車の部品やパーツを販売することが目的ですので、例えば事故車で前方が破損していても、後ろがキレイなのであれば、それだけでも買い取る価値を見出せるのです。
どんな車でも買取可能なのか
自走して買取業者に持ち込める車であれば、基本的に買い取り可能なことが多いようです。しかし、事故やエンジンの故障等で自走不可の車は買い取って貰えないことがあります。これは自走不可の車を買い取る為には、買取業者がユニックで釣り上げて持って行く必要があり、手間もお金もかかるからです。
買取金額はどれぐらいなのか
一般的に軽自動車が5000円程度、それ以外は15,000円程度?が多いようですが、珍しい車や人気の車など、パーツの需要が高い車は買取価格が上がる可能性もあります。廃車買取業者も何社か見積もりを取る方がよいでしょう。

廃車買取と下取りはどちらが得?

廃車とは、その車を運転・利用する機会がなくなってしまった車のことです。特別な手続きをして廃車とすると、年間の維持費や税金が発生しなくなるのですが、一度廃車にしてしまうともうその車には乗れなくなってしまいます。それでは、こういった廃車を専門的に買い取る業者も存在していますが、車の下取りサービスとどちらが良いのでしょうか?まず、廃車の買取サービスはどんな廃車でも買い取ってくれるというメリットがあります。
例えば事故を起こしてしまい破損してしまった事故車でもお金が発生すると言うのは非常に嬉しいですよね。またこういった廃車買取サービスは廃車手続きを行っていない車でも手続きを代行してくれることが多く、面倒だと先送りにしていた手続きを代わりにしてくれるというメリットは非常に大きいですよね。一方下取りの場合は車を査定し、算出された査定金額を新車から引くというものです。
車を購入することを前提とした上での取引のため、煩わしい車の処分を一緒に出来るという点や、新車購入費用を抑えることが出来るというメリットが存在します。どちらも有用に見えますが、下取りの場合は廃車や事故車といったものはそもそも下取りに出せないことがほとんどで、むしろ処分費用としてお金が発生してしまうことが大半です。そのため廃車買取に関しては業者に買い取ってもらう方がお得でしょう。

廃車買い取り業者を選ぶ基準

長年乗り続けた愛車。いざ手放そうと査定をしてもらった所、ディーラーや中古買い取り業者では買取できないと言われてしまう事があります。乗らなくても所持している限りは自動車税が発生してしまいます。抹消登録(廃車)するにも手続きが面倒だし、お金も掛かってしまう。そんな時、役に立つのが廃車買取です。
なぜ廃車なのに買い取ってくれるのでしょうか?廃車買取業者の多くは、車を部品取りしてパーツで販売したり、アルミや鉄などに素材分けして材料として販売したりしている為に買い取ってくれます。そんな廃車買取業者ですが、どのような基準で選んだら良いでしょうか?まず、査定額はもちろん気になると思いますが、それ以上に抹消登録などの面倒な手続きを無料で代行してくれるサービスが充実している所をおすすめします。
抹消登録は本当に面倒なので、たとえ査定額が少なくても買い取ってもらった方が良いです。次に、自動車税などの還付金についてしっかり説明してくれるかです。買い取り業者が依頼者に還付金について知らせる義務は無いので、還付金が残っているのに知らないまま車を手放してしまう事も考えられます。また、事故車や動かなくなってしまった車を所有している方は、自宅まで引き取りに来てくれるサービスがあるかも見ると良いでしょう。車の処分に困っている方、一度廃車買取業者に査定してもらってはどうでしょうか。

夕焼けと車

List